夏になると増える害虫の生態|ゴキブリ駆除業者の仕事

女性スタッフ

姿を見た時点で対策を

2人の女の人

蜂退治で効果的なのは蜂の巣の撤去で、危険度も高いので注意すると良いでしょう。攻撃性の高まる時期もあるので、不安な場合には専門の業者に依頼するべきです。蜂には種類があり、それぞれ異なる危険度があります。また、退治する種類によって、自治体の行う補助制度を受けられるようです。

View Detail

蜂の問題は判断が重要

ハチ

蜂の巣の退治は、小さくて手の届くものなら自力での始末も可能です。しかしある程度大きくなったり高所にある場合は、素人には困難です。そんな場合は安全性と確実性を考えると、やはり実績のある腕の良いプロに依頼するのが人気です。

View Detail

夏は蜂にご注意

一軒家

家近の巣は危険

夏になるとゴキブリは活発に動き出します。繁殖力が強いのがゴキブリの特徴です。産卵期に入ると卵を次、次に海繁殖していきます。これが1匹見たら100匹いるといわれる所以です。多くのゴキブリ駆除の殺虫剤なども市販されていますが、残念ながら卵にはあまり効果がありません。ですから専門業者に依頼しましょう。専門業者は多くの知識を持っているため、ゴキブリ駆除だけでなく、侵入経路を特定し経路を塞ぐなど多くの対策を行なってくれます。
夏に増える害虫として蜂にも要注意です。夏に大量発生する蜂ですが女王蜂だけは冬場も1匹で巣作りをするなど活動しています。やがて、巣の中に卵を産んで、幼虫を育てて働き蜂に育てます。そのため、盛夏のころは、かなりの数の蜂が巣に出入りするようになるので、家の近くに蜂の巣があると、よく飛翔姿をみかけるようになります。何もしない蜂なら、放置できるのですが、スズメバチの仲間は大変凶暴で人間やペットを襲うことがあります。そのため、どこに蜂の巣があるか、そっと探し、蜂を退治することを考えたほうがいいです。また、玄関など、人が巣の真下を通るなど、場所が悪ければスズメバチでなくても退治したほうがいいです。

蜂の毒には注意

蜂用の殺虫剤も販売されているので、買っておくことも大事ですが、飛ぶ速さが速いので、できれば、駆除業者に依頼して、蜂の巣は取り除いて退治してもらうことも必要です。ただし、女王蜂が生き残っていると、再度同じ場所に蜂の巣を作り直すことがあるので退治が厄介です。ただ、夏の終わりが近づくと、ほかの蜂が巣を攻撃に来る場合もあるので、秋ごろ巣だけ残っていても大丈夫です。夏の盛りだけはしっかり蜂を退治しないと、小さい子供や老人などのいる場合は特に、家の出入りも心配です。蜂の毒は非常に強く、もし刺されたら、すぐ毒を道具で吸引して、病院にいくほうがいいです。また、何度も刺されると、アナフィラキシーショックで死ぬこともありますから、刺されないよう最善の注意が必要です。

駆除が必要となる場合

ネズミ

ミツバチはおとなしい蜂なので共存可能ですが、蜂の巣の場所によっては退治が必要となります。一方スズメバチは攻撃性が高いので、早急な退治が必要です。退治は殺虫剤を蜂の巣にスプレーするという方法でおこないます。蜂は殺虫剤に弱く、20秒ほどで力尽きるので、その後巣をつついて落とします。

View Detail