夏になると増える害虫の生態|ゴキブリ駆除業者の仕事

メンズ

姿を見た時点で対策を

2人の女の人

繁殖期は特に注意

初夏の陽気という言葉が聞かれる頃、蜂の話題も多くなってきます。蜂で注意したいのは刺されることですが、気がついた時には巣が大きくなり始めているケースも多いので、姿を見た時点で退治を意識しておくと良いでしょう。蜂退治で効果的なのは蜂の巣の撤去ですが、危険度も非常に高いので十分な注意が必要です。例えばスズメバチやミツバチの巣の場合、数万匹という単位が集まっているので、むやみに刺激すると働き蜂に囲まれて攻撃されてしまいます。国内の昆虫の中でも危険度が高いスズメバチは、8月頃から秋ごろまでが繁殖期で、この時期は特に攻撃性が高まり、巣に近づくだけで刺されてしまうのです。このような理由から、蜂の巣の撤去を経験したことがあっても、周囲の安全に不安がある場合は、迷わずに専門の業者に依頼するべきといえるでしょう。

危険度と補助の関係

刺してくる蜂はすべて危険なので、退治するべき存在といえます。しかし、蜂は種類ごとに危険度が異なっているのです。蜂の巣に近づくと攻撃的になる種類は、大きくは、スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチに分けられます。数万匹のミツバチの巣を襲って壊滅させるほどのスズメバチは、人間に対しても怯むことはなく、群を抜いた危険度が大きな特徴といえるでしょう。その蜂の危険度は「自治体が行っている退治費用の補助制度」に関係しているのが特徴です。スズメバチの場合は住民の生活や健康を脅かすため、蜂退治や蜂の巣の撤去を早急に行う必要があります。基本的には敷地の所有者が費用を出すため、誰でも退治を行いやすいように作られた制度なのです。ルールは各自治体ごとに異なるので、事前に調べておくと良いでしょう。